コットンパフ

行を変えるのが下手です

エイプリルズとのこと

 

エイプリルズの歌を好きになってから10年以上が経ち、初めてエイプリルズのライブに行きました。

 

要所要所で言ってるんですけど、わたしはエイプリルズが一番好きなバンドです。

 

エイプリルズを知ったのは、ギフトピアというゲームからで、CMの曲にもなってたんですが、ASTROという曲がきっかけでした。
(ちなみにギフトピアというゲーム自体が物凄く好き。ギフトピアに関する記憶をなくしてもう一度新鮮な気持ちでやり直したい。)
ASTROは、私たちが想像する楽しい未来の音楽!みたいな素敵な音だけで構成されていて、イマイさんとイグチさんのキュートな歌声が最高で、むちゃくちゃ良い曲です。とりあえず聞いてください。エイプリルズで一番好きな曲は週替わりとか月替わりだったりするけど、ASTROは大人になってからも大好きで大切な曲です。
ギフトピアの舞台のナナシ島にはラジオ放送局があって、ランダムで色んな曲がかかるんだけど、ASTROを聞くためだけに何回もゲームしてた記憶があります。

 

愚かなことに、それから数年間、現実にエイプリルズは存在しないと思ってました。ギフトピアの中だけに存在するのだと……。
兄もギフトピアが大好きで、サントラがついた雑誌みたいなのを共同で買って、それを聞きまくっていたのに、私は、架空のものだとずっと思ってました。その雑誌には、楽曲提供バンドの解説も載ってたのに、私は何故か実在しないと思っていました。めちゃくちゃ凝ってるなって……。

 

高校の時、perfumeを聞いてたら、お兄ちゃんが「こういう系ならやっぱりエイプリルズがいいよな〜」とか言ってたから、何言ってんだと思ってネットで調べたら、エイプリルズは架空のバンドじゃないことを知りました。何年かかってんだ!

 

そこからエイプリルズのCDを買ってiPodにいれて聞きまくった。兄に借りたりは確かしなかった。ドライですね。映像と音楽の融合っていうのも、もちろん調べてから知って、本当に何から何までキラキラの世界だ!!!近未来!!!!って思った。

 

エイプリルズみたいな曲をもっと聞きたい!!って思って、ジャンルで言えばネオ渋谷系と知り、ネオ渋谷系をググって色んな音楽を知り、「ネオ」とつくなら渋谷系とはなんぞや?ということで、フリッパーズギターに辿り着き……みたいな音楽遍歴があります。ネオ渋谷系は最高。この世で一番素敵な音楽。ちなみにフリッパーズギターを聞いたとき、エイプリルズみたいな声だ!って思った。
それまでも、オザケンはお母さんが好きだったし、コーネリアスなどはお父さんが好きで聞いていたことはあったけど、渋谷系というジャンルを意識したのはこの頃だったなあ。
大体、私くらいの年の人って、親の影響で渋谷系に辿り着いてるけど、私は独自に辿り着いたからめちゃくちゃ偉くない?!と思ってました。まあでもきっと親の影響もありますよね。
ちなみにカジヒデキさんを好きになったのは大学に入ってからです。でもそれで良かったんだと思う、恋そのもの(カジヒデキさんのことです)はやっぱりちょっと大人になってなきゃ理解できない部分が多いから。幼さかった日々を思い出せるようになってからが恋そのもの(カジヒデキさんのことです)と向き合うタイミングだから。話が脱線した。

 

音楽に対する広がりとか、もっと知りたいという欲求が芽生えたのは、確実にエイプリルズの存在のおかげです。

 

高校二年生の終わり、病気でほとんど休学していて、生きがいがテトリスしかなかったんだけど、エイプリルズを聞いて「キラキラの世界は最高……」と思ってました。エイプリルズの楽曲って、聞いてもらうとわかると思うけど、いいことしかない!!!みたいな気持ちになる。
私の周りはみんな邦楽ロックバンドが好きで、バンドもしてたけど、そういうバンドのコピーばっかりしてた。エルレガーデンとかね。
だから余計、エイプリルズは誰かと共有しない、自分だけの大切なものだったと思う。
この時に宅録をちゃんと初めてたらよかったんですが、マリオシーケンサーみたいなフリーのやつダウンロードして、わー!エイプリルズみた〜い!!!ってピヨピヨ曲作るのが限界だったのも覚えています。今日にいたるまで愚かですね。

 

大学に入ってからも、ネオ渋谷系の話ができる人は1人の先輩しかおらず、やっぱりエイプリルズは自分の中で楽しむというか、秘密じゃないけど私だけがわかってるものというか、そういう存在でした。

 

私はエイプリルズのメルマガに登録しているので、ライブ情報などは入ってくるのですが、何年も架空の存在だと思っていたということ、そしてライブのほとんどはTOKYOで行われているということ、前の大阪のライブは、なんらかの用事あって行けなかったし、自分の中でエイプリルズはずっとまだ非現実でした。

 

今回、友人が対バンする、しかも実家(ゼロゲージというライブハウスのことです)でということで、ものすごく現実を感じた。

 

ゼロゲージでセッティングしているエイプリルズのメンバーを見て、「いつもライブしたり、ダラダラ喋ったりとかしてるところにエイプリルズが?!?!?」ってその時点で泣いてしまったし、ライブ中は常に変な顔をしていたと思う。

 

一曲目のブルーシャイニングクイックスターカバー、私のためにやってるのかと思った。いや違うのはわかってるんですけど。

私は大好きなエイプリルズが大好きなフリッパーズギターのカバーしてるのをどうしても聞きたくて、廃盤になってたコンピを今年ヤフオクで落として、とてもよく聞いてたから。そしたらエイプリルズが今年出したアルバムにその曲が入ってるという。ことわざみたいだね。

 

当たり前だけど、エイプリルズは実在していた。

 

ライブが終わり、イグチさんに死ぬほど酔っている女の子がいる!と心配そうに声をかけてもらってしまったけど、私は一ミリもお酒は飲んでおらず、エイプリルズそのものに緊張しているという状態だったので「酔ってなくて……エイプリルズがすきで、ずっとすきで、すきで……」ってめちゃくちゃ泣いてしまった。人間って感情が高まると泣くんですね。イグチさんも「そんなこと言ってくれて嬉しい、貰い涙しちゃった〜!」ってすごく美しい涙を流してて、本当にここまで生きててよかったなぁと思った。 

 

実在するエイプリルズの皆さんとお話ができている状態が幸せすぎて、本当に今このまま何も不満がない状態がずっと続いてほしくて、今、死にたい!今、殺してほしい!と思ったし、思っただけじゃなくて口に出して、エイプリルズのみなさんをたくさん困らせてしまいました。ごめんなさい……。謝りたいことはたくさんあります……。一言喋るのに「あの」を10回言わなきゃ喋れないルールになってたりとか……。突然泣いたりとか……。意外と喋ったりとか……。ずっと震えたりとか……。イマイさんはわたしの殺してほしい発言に、すごくかわいいこえ(イマイさんはケーキと一緒に飲むシャンメリーみたいな声です、この表現、わかってほしい)で「殺してほしいですって言ってるの怖いよ〜!」ってケラケラ笑ってて、これは走馬灯に出るやつだって思いました。このイマイさんは走馬灯に出る。というかこの日のことは全て走馬灯に出る。

 

私が音楽をやってる理由とか、きっかけとか、目標とか、それはさまざまなことがあるんだけど、「好きな音楽」というものを与えてくれたのはエイプリルズだから、エイプリルズは私の人生です。
大好きなアーティストはたくさんいるけど、エイプリルズはすごく特別で、すごく大切な存在です。本当に好きというか、人生そのものなんです……。


自分が生きていく中で、おいしいところ、きれいなところを作れるようになったのは、エイプリルズがいたからだし、常にキラキラした存在でいてくれるのもエイプリルズで、それはこれからもずっと変わらないと思います。

 

またエイプリルズが大阪に来てくれますように!

恋は盲目、かといって

浪人生の頃、心が不安定すぎたあまり、自分と同年代の男女の話を書くことに熱心になっていました。

私はロマンチストなので、本来はこういう話を書くのが得意です。

18歳の頃に書いていたものが未完成だったので加筆修正しました。

 

 

 

 

 ☆☆☆

 

 

「葛城さんもどうですか」

 

休憩室に入って、よっこらっしょと椅子に座ったら、岡田くんが百貨店の紙袋を何個も抱えて入ってきた。机の上にドサドサとそれらを置き、袋の中から取り出したのはいかにも上等そうなお菓子の包みだった。
一連の動作に釘付けになっていたら、岡田くんはようやくその視線に気付いたのか、声をかけてくれたのが今だ。

 

「え?どしたのそれ」
「長谷川さんが好きな女の子にプレゼントしようとしたけど、その前に消息を絶たれたって」
「消息を……」

 

深くは聞かないでおこう。今までの長谷川さんの話を聞く限り、キャバクラだかなんだかの女の子だと思うし。長谷川さんは細くて目がぎょろりと大きくて、動作が大きくて、声も大きくて、なんとなく空回りしてしまうタイプだけど、まあ、良い人だ。キャバクラの話とかをバイトの女子大生にもしてしまうけど。誕生日間違ってたけどプレゼントもくれた。月から間違ってたけど。プレゼントはアナスイのポーチで、なんか重いとか思っちゃったけど。

 

「うそ!ラデュレのマカロンだ!私これ一回食べてみたかったんだ〜」
「長谷川さんも浮かばれますね」

 

死んだみたいに言うな。岡田くんの表情はいまいち掴めないので、今のが冗談か本気かわからない。いつも帽子を深く被っているので、目があったことがそもそもないような気がする。
私は、一個500円くらいするマカロンを食べられる嬉しさと、岡田くんの不謹慎さのどちらにもニヤニヤしてしまいながら、包みを丁寧にあけていく。ああ、ラッピングも可愛い。これ持って帰ってもいいかな。いいよね、あげる人は消息を絶ったんだし。マカロンを一口かじると、ここはフランスなのかと思うくらいお洒落な味が口に広がって、「長谷川さんありがとう、長谷川さんの前から消えた女の子ありがとう」という気持ちでいっぱいになった。

 

「あー、嬉しい、これみんなでどうぞってこと?」
「まあそうなんじゃないですかね、俺に押し付けて帰ったんで」

 

しかし、ラデュレのマカロンはあと一つしかない。ナマモノだし、私か岡田くんがここで食べてしまうのがいいだろう。ソワソワしてるのが伝わったのか、岡田くんが「それ葛城さんが持って帰っていいですよ」と言ってくれた。そんなにわかりやすく欲しがってたのがバレて少し恥ずかしい。岡田くんが机を挟んで対面の椅子にようやく腰をかけて、カバンから伊藤園のほうじ茶を出して飲む。そういえば、なぜうちの職場の近くには伊藤園の自販機しかないんだろう……。

 

「ていうか岡田くんなんで敬語?同時期くらいに入ってるし、同い年なんだからタメ口でいいのに」
「いや、俺、同い年じゃないですよ」
「は?」
「葛城さん、今年21ですよね。俺、まだハタチです」
「なにそれうそでしょ……」

 

同い年ってだけで勝手に親近感を覚えていたので、少しがっかりしてしまうといつか、恥ずかしくなってしまう。よくよく話を聞くと、大学の学年は同じだけど、岡田くんはストレート、私は一浪だから年は違うというシンプルな間違いだった。ああ、恥ずかしい。ババアが同い年とか思って浮かれてんじゃねえぞとか思われたらどうしよう。一個しか違わないけど。

 

「就活どうするんですか」
「まだ何にも。岡田くんは?」
「俺も特になにも」

 

まあそりゃ2年の時点でハッキリと希望を決めてる子もいるだろうけど、だいたいが私たちみたいにギリギリにならなきゃわからないって感じだろう。なんとなく、就活して会社勤めしたい、みたいなのは誰しもあるだけだ。きっと。

 

「岡田くんなんか目指してるものとかないの?」
「目指してるものって?」
「ほら、資格とか、どの辺で働きたいとか、そういうの」
「ああ……」

 

ゴクリと喉を鳴らしながら、ほうじ茶を飲む岡田くんの顔は相変わらずよく見えない。喉仏がごりごり動いている。男のひとだなぁとおもう。多分、顔より先に帽子とこの喉仏を岡田くんと認識することだろう。

 

「葛城さんはないんですか、夢とか」
「そうだなぁ、綺麗な会社で働いて、綺麗な部屋に住んで、私より賢くて、結構かっこいい男の子と結婚できたらなぁ〜って」
「理想の生活みたいなことですか」
「丸の内のOLに聞きましたのインタビューとかに出れるようなOLになりたい、奥二重の塩顔男子と恋愛結婚したい」

 

フ、と鼻で笑う声が聞こえた。まあとどのつまり、夢はお嫁さんになり、その過程もキラキラしててほしいという理想そのものだけど、別に望むのはタダだというのに。ちなみに結婚したら休日で家族でIKEAに行ったりもしたい。これをいうのはやめた。

 

「葛城さん」
「はい」
「シュークリームありますよ、これ今日食べた方がいいですね」
「えっ!やった!」

 

なんて素晴らしいんだろう。さっきの羞恥はさておき、というか完全に流されたけど、今日岡田くんが来てくれる時に休憩時間で本当に良かったと改めて思った。しかも2人きりということで結果的に取り分も多くなっちゃって、みんなには申し訳ないけどものすごく嬉しいな。太ってもいい、こんなお菓子がたべられるなら体重はもういい。

 

「葛城さん」
「なに?」
「大学どこでしたっけ」

 

2人でシュークリームの包みをあけながら、岡田くんが突如普通の話をし始める。私が自分の大学を答え、岡田くんの大学を問うと、岡田くんはたっぷり5秒の間を開け、自分の大学を告げた。私の大学よりランクがめちゃくちゃ上の、高い偏差値のところだった。そんなに頭がいいとは。頭が良すぎる人は、同じくらいのI.Qの人としか話が合わないと聞くけど、岡田くんも無理してたりするんだろうか。

 

「めちゃくちゃ頭いいんだね!授業とかすごそう」
「普通ですよ」

私はシュークリームの上の粉糖が唇について甘くて幸せ。カスタードクリームがとろけているんだけど、べしゃべしゃじゃなく程よい硬さで幸せ。岡田くんの話に相槌を打ちながらも、シュークリームに舌鼓を打つことにメロメロになっていた。

 

「葛城さん」
「なに?」
「ついてますよ」

 

岡田くんが自分の頬をトントンと指差す。あ、クリームか!またしても恥ずかしい、成人してるのにこんなにシュークリームにがっついて夢中になることなんてあるのか。なんだか今日岡田くんには恥ずかしいところばかり見せている気がする。慌てて口元を拭うが、クリームが取れた感触はない。もう一度岡田くんを見ると、スッと腰を上げて私の方に手を伸ばした。

 

「葛城さん」
「は、はい」
「彼氏いますか」

 

何故今彼氏の有無を?!岡田くんの指はもう目の前、というか頬の前、顔に触れるか触れないかギリギリのところにある。やめてよ、自分でとるよ〜。言えない。何故。ドッドッドッ……と胸の鼓動がなぜかこめかみあたりから聞こえる感じがする。

 

「そうですか」

 

そのまま岡田くんの指は私の頬の上のほうをツッとなぞり、離れていく。たしかに人差し指にクリームが微量についているし、頬がすうすうとする。動けない。口の中で唾液が物凄くたまっていることに気付いてしまって、ゴクリと思い切り音を鳴らして飲み込んでしまった。それと同時に岡田の赤い舌が人差し指のクリームをペロリと、舐めた。理由はわからないけど、喉の奥のほうで叫び声をこらえる感覚がした。

私が状況を理解できない様子をものともせず、岡田くんは帽子のツバを掴み、グイッと持ち上げて帽子を脱ぐ。私はさっきから1秒も岡田くんから目が離せていないから、自然とバッチリ視線が合う。こう、ちゃんと見ると、なんというか、こう、岡田くんってなんかモテそうというか、この変な状況に、頭が追いついていかない。

 

「ま、ま、前髪、クセが」
「つけてるんですよ」

 

私が勇気を出して作った話は間髪入れず遮られてしまう。見つめ合うまま、目が、反らせない。虹彩というのか、目の中の細いキラキラまで見えてきて、なんだか気が遠くなる。岡田くんにもきっと私の目の中の細いキラキラまで見えているんだろうか。視線を外すことなく、岡田くんが口の端を持ち上げて言った。

 

「結構、かっこいいでしょ、俺」

 

高学歴、奥二重。言葉の真意がわかるまで、3分かかってしまった。

 

 

☆☆☆

 元ネタ分かった人とはじゃんけんしたい

人格が必要な方向け


音楽活動を今の名義ですると決めてから一番思ったことは、音楽に一番不必要なのは人格だということです。

 

人格っていりますか?

 

私は私の中身を、サラッと調べたときに知られてほしくないです。
奥深くまで知りたいひとだけが知ってくれるのは嬉しいけど、音楽とかアートワークとか、すぐに触れられるところに魅力を感じたひとに対して、大いなる人格的な部分がドーーーンって押し出していくのは、ちょっとできないなって思います。私の場合。

 

だってさー、美しい音楽を聞きながら「これ作った人、殺人鬼なんだよな……」って思いたくはないじゃん。それに、なんというか、人格的なものが付随した作品ってめちゃくちゃに見られちゃうじゃないですか。「殺人鬼の作った世にも奇妙な美しい音楽」みたいな。いや美しい音楽だけでいいです。殺人鬼が音楽作るかは知らんけど。

 

昔は自分に押し出せるものである人格を付随させないと……みたいなこともあったけど、私にはそれはできない。前世がスパイだから。そもそも自分がどういう人間か他人に分かられるのが怖い。ゴメン。

 

しかし、私は好きなアイドルとかアーティストと同じブランドの服を買いたいし、その日食べたものがわかったら意図して同じもの食べたりするし、全く素性がわからないひとっていうのはあまり好きになっていないです。
それは好きになったから素性を知りたいってだけのことかもしれないけど。いや、自分は知られたくないけど、相手のことは知りたいっていう無茶苦茶勝手な心理かもしれんけど。

 


私の人格を必要とする人だけがブログを読むことになりますように。

マスカットエンジェルについて

盆と正月は、毎月第二金曜日あたりに公開制作というイベントをやっているのですが、前回、そこで私が大学の同級生に恋に落ちて自滅していくまでの話をしました。

そこで話したものを文章化しました。

ファミレスで、隣の隣に座ってる声の大きい女子大生の話が勝手に耳に入ってくるような感じで、ミッチリ書きすぎて読みにくいと思いますが、暇なときに電車とかで読んでみてください。あんまり爆笑するところはないです。5000字くらいあります。

 

次の公開制作は2016年3月3日金曜日、桜川enviroment 0gにて行います。

またこういう恋に落ち破壊していく話をする予定なので、予習としてもどうぞ。

 

 

 

続きを読む

ようやくブログを作り直しました。

どうも、みふぃたんです。自分で名乗るのがそろそろやばいニックネームだなと思いますが、みふぃたんです。

 

私は三日坊主どころか半日坊主で、中々ブログを更新せず、たまに更新しようとしたらパスワードを忘れているし、書いてる記事途中で消えるし、とてもいやな思いをしてまたブログを更新しない負のループに巻き込まれていたので、いっそ作り直してみることにしました。

面白いブログを書いている人はみんなはてなを使っていると思い込んでいるのではてなにしました。とても使いやすく見やすいです。早くすればよかった。

 

これから、書いたはいいがどこに公開するべきか悩んでるものなどをブログに載せていきたいと思っています。私は趣味で小説をかれこれ十年近く書いています。ただ、自分をリアルに知っている人に読まれるのはめちゃくちゃ恥ずかしいし嫌です。しかし、黒歴史であるとか、自分で恥ずかしいと思っている部分は人にウケがいいそうなので、これからどんどんやっていこうと思います。

 

終わりです。