コットンパフ

行を変えるのが下手です

人格が必要な方向け


音楽活動を今の名義ですると決めてから一番思ったことは、音楽に一番不必要なのは人格だということです。

 

人格っていりますか?

 

私は私の中身を、サラッと調べたときに知られてほしくないです。
奥深くまで知りたいひとだけが知ってくれるのは嬉しいけど、音楽とかアートワークとか、すぐに触れられるところに魅力を感じたひとに対して、大いなる人格的な部分がドーーーンって押し出していくのは、ちょっとできないなって思います。私の場合。

 

だってさー、美しい音楽を聞きながら「これ作った人、殺人鬼なんだよな……」って思いたくはないじゃん。それに、なんというか、人格的なものが付随した作品ってめちゃくちゃに見られちゃうじゃないですか。「殺人鬼の作った世にも奇妙な美しい音楽」みたいな。いや美しい音楽だけでいいです。殺人鬼が音楽作るかは知らんけど。

 

昔は自分に押し出せるものである人格を付随させないと……みたいなこともあったけど、私にはそれはできない。前世がスパイだから。そもそも自分がどういう人間か他人に分かられるのが怖い。ゴメン。

 

しかし、私は好きなアイドルとかアーティストと同じブランドの服を買いたいし、その日食べたものがわかったら意図して同じもの食べたりするし、全く素性がわからないひとっていうのはあまり好きになっていないです。
それは好きになったから素性を知りたいってだけのことかもしれないけど。いや、自分は知られたくないけど、相手のことは知りたいっていう無茶苦茶勝手な心理かもしれんけど。

 


私の人格を必要とする人だけがブログを読むことになりますように。